休むことを忘れるくらい働いていたりすることもあります。体の不調も気付かないまま仕事に没頭していて集中していることもあります。休みたいけどまったく休めない、休みがもらえる状況ではないということもあります。

体は疲れきっていて、抵抗力が弱まっているそんな時にいろんな病気になりすい。ものもらいもそんな目の病気になります。ここでは、ものもらいかな?と思うけど、病院にいく時間がまだないという方必見です。

基本的に経過観察で自然治療に近い治療法

ものもらいには大きく分けると、2種るいの症状があります。痛みがある症状と痛みがない症状になります。どちらも炎症を抑える薬や抗菌薬を使用して様子をみます。霰粒腫(さんりゅうしゅ)の場合、痛みはないのですが、しこりがあります。このしこりがだんだん小さくなって治ることもあります。

この霰粒腫の場合、治りを早めるために、まぶたを温めると効果的です。温めることで血行がよくなり、霰粒腫の原因であるマイボーム腺の詰まりが解消されていきます。温めながらマッサージをすることもオススメです。

お風呂タイムにまぶたを温めることだけでも効果があります。または、休憩時間や寝る前など、清潔なタオルを温めてまぶたを温めることも効果的です。目の回りを清潔にすることと、手洗いをいつもより念入りに行うことです。

「ものもらい」の菌は、手や皮膚かみの毛についている、どこにでもいる菌が原因です。

さらに悪化しないようにも手洗いと目の近く、顔を清潔にしておくことです。

悪化させないようにするためにものもらい対策と方法を伝授

[洗顔]

症状を悪化させないようにするには、目の回りを清潔に保つことが一番です。低刺激の洗顔料を使用し目に入らないようにすることで、負担が少なく悪化を防げます。

[眼帯]

かなり痛いと眼帯をつけた方がいいと思ったり、人のにうつると思うこともあります。これは絶対にやってはいけないことです。眼帯をすることで症状が悪化することになります。細菌の温床になります。また、人にうつることは基本的にありません。ここは勘違いの多い部分でもあります。

[コンタクト]

コンタクトレンズの方はメガネにすることです。コンタクトを使用しているから治りが遅いことも考えられます。消毒をしていてもどうしても菌が付いてしまいます。治るまでの短いあいだです。メガネにすることで治りが早くなります。

[アイメイク]

マスカラやアイライナーも控えるべきです。一番症状が悪化してしまうことになる行為です。アイメイクなどで、まぶたの分泌腺を塞いでしまいます。

以上のことを気をつけていれば、悪化を防ぐことができます。眼科で治療を受け回復までが早くなります。